1. ホーム >
  2. 会社案内 >
  3. 会社沿革

会社沿革

1963年金沢市兼六元町で自動制御盤などの設計組立業務を開始。
1969年資本金100万円の法人に改組。
1970年資本金を200万円に増資。
金沢市大豆田本町に本社工場を移転。
1976年富山に営業所を開設。
1977年石川県機械新製品発表会において「1BITシーケンサ」が石川県新製品指定機械となる。福井県に営業所を開設。
1983年放電加工機用の3軸NCの開発に成功。
拡販に着手。
1984年石川県機械新製品発表会において、簡易ローコスト型NCが石川県新製品指定機械となる。
1986年機械部門を金沢市打木町に移転し機械工場とする。東京出張所を営業所にする。
1987年OKモニターCD40Hを開発し、石川県新製品指定機械となり、全国規模で販売開始。
1988年タッチスイッチ付ディスプレイGD-43Eを、他メーカーに先がけ販売開始。製造工場を糸田新町に移転。機械工場を本社に移転。
1991年モニタッチGD-64シリーズを開発し、販売を開始。
1992年モニタッチGD-65シリーズを開発し、販売を開始。
1993年業界初のカラーモニターを採用したモニタッチGD-80Tの販売を開始。
1994年白山(旧松任)市の企業誘致により新工場建設、開発センターとして操業開始する。
1995年資本金を6,220万円に増資して現在に至る。
モニタッチV4シリーズを開発し、全国的に販売する。
1997年名古屋及び大阪に営業所を開設。富士電機(株)と資本提携を行う。
1998年品質管理・品質保証の国際規格ISO9001を取得。
モニタッチV6シリーズを発売。
2000年モニタッチV606iを発売。
2001年モニタッチV6シリーズにハンディタイプ及び9インチを追加し、ラインナップを強化。
2002年モニタッチV7シリーズを開発し、販売を開始。
開発センターに新棟を建築し、本社機能を白山(旧松任)市に移転。
2003年環境管理システムに関する国際規格ISO14001取得。
2004年北米にモニタッチの販売拠点を開設。
2005年欧州にモニタッチの販売拠点を開設。
2006年広島に営業所を開設。
2007年

モニタッチV8シリーズを開発し、販売を開始。

中国と韓国にモニタッチの販売拠点を開設。

2008年福岡に営業所を開設。
2009年海外向け製品 モニタッチS8シリーズを開発し、販売を開始。
2011年埼玉に営業所を開設。
2012年東南アジアにモニタッチの販売拠点を開設。
2013年海外向け製品 TECHNOSHOTを開発し、販売を開始。
2014年モニタッチV9シリーズを開発し、販売を開始。